認知症予防研究協会 LINEマガジン創刊キャンペーン

LINEで友達登録するだけで
お申し込み完了!

人気書籍無料
お読みいただけます。

ステップ1

下記ボタンをクリックして
表示されたQRコードをスマホのカメラで読み取る

下記ボタンをタップして
LINEマガジンに登録する

(つまらなければいつでもブロックできます)

ステップ2

LINEですぐに届く
簡単なアンケートに回答する


※LINEをお持ちでない方は こちらをご確認ください。※無料でお読みいただけるのはWEB版となります。※LINEでは認知症予防に役立つ様々な情報を不定期で配信いたします。※ご不要になった場合、ブロックしていただくことで簡単に解除可能です。※時々弊社の有料サービスについてご紹介させていただく場合がございます。

読者の声

イチャ様

分かりやすい!

牛乳が良くない、小麦粉が良くない・・・という人から人に伝わる情報に、なんで?という疑問が生じ、明確な答えを聞くことができず、これまでモヤモヤとさせられてましたが、シンプルでとても分かりやすく、なるほどと納得し、早速やってみようという内容にまとめられていました。とてもオススメです。

*個人の感想であり、効果を保証するものではございません。

澤野様

目から鱗でした

78歳の母に認知機能の低下が見られるようになり、何度も同じ話をしたり、ぼーっとしたりすることが多くなってきました。
これも年だから仕方ないのかなと思っていましたが、書籍を読ませていただいて、もしかしたら改善していけるかもしれないという希望が湧いてきました。 玄米やヤマブシタケが認知症に効くなんて知りませんでした。

*個人の感想であり、効果を保証するものではございません。

えいこ様

これが無料とは驚きです

アルツハイマーの機序から具体的な食生活の改善方法まで、詳しくのっているのでとても参考になりました。症状が出現する20年以上前から対策が必要とのこと、まさにいま50歳代の自分のことだと思いました。
仕事も趣味も長く続けていくために、生活改善をしていきたいと思います。

*個人の感想であり、効果を保証するものではございません。

吉田様

最新研究のエッセンスが詰まっていました

発症の25年前から、アルツハイマーはすでに始まっているということは、衝撃でした。しかし正しい予防、治療に取り組めば、約9割が回復ということに希望が持てました。脳に必要な栄養素や、不必要なゴミを排除しなければならないということも、よく理解できました。
最新研究のエッセンスが、全てこの本にはありましました。繰り返し読んで、実践していきたいと思います。貴重な情報をありがとうございました。

*個人の感想であり、効果を保証するものではございません。

大人気! 動画でわかる
認知症予防シリーズ公開中


※ご登録後、動画の視聴ページへご案内いたします。



認知症の芽は発症の20年以上も前から
育っていることをご存知ですか?

最近、人やものの名前がすっと出てこない。
どうも頭が疲れてぼんやりすることが増えた。
以前では考えられないど忘れやうっかりミスをするようになった・・・。

もしあなたやあなたのご家族様に、こんな現象に心当たりがあるとすれば、もしかするとそれは、ひっそりと認知症が進行し始めている兆しかもしれません。

高齢化にともない、続々と患者数が増え続ける認知症。団塊の世代が75歳になる2025年には、国内で1800万人もの人々が認知症になるという予測もあります。

この数字が正しいとすると、平均的には、あなたが60歳になった時、あなたのご両親のどちらかはすでに認知症を患っています。また、あなたが80歳になった時、あなたかあなたの伴侶のどちらかはすでに認知症を患っています。

いわゆる認知症予備軍(MCI)とされる人たちは、何も対策をしなかった場合、約60%が5年以内に介護が必要な状態になると言われます。

ひっそりと忍び寄り、
発覚した時にはすでに手遅れ。
おそるべき不治の病、アルツハイマー病

アルツハイマー病は40代・50代の頃にその芽が育ち始め、無症状の まま数十年進行します。あなたが普段通りの日常を送っている間に、脳内の神経細胞やシナプスは死滅を続け、脳はゆっくりと委縮していきます。

そして芽が育ち始めてから20〜30年後。

病気の進行がいわゆる"転換点"を超えると、アルツハイマー病を発症し、重度の記憶障害や人格障害などが引き起こされます。

一度こうなると、もはやあなたが取れる対策は、副作用のある薬剤を使ってわずかに進行を遅らせることだけ。

つまり、症状が顕著になってから対策を始めたのではすでに手遅れなのです。

アルツハイマー病の原因は脳に溜まったゴミ

アルツハイマー病患者の脳を解剖すると、そこには明確な特徴があります。脳の表面に大量に浮いた、老人班と呼ばれる銀色のシミです。このシミはアミロイドβ( ベータ) というベトベトした粘着性のたんぱく質でできています。

脳に溜まったアミロイドβは強力な神経毒を放ち、正常な神経細胞を次々と破壊していきます。つまり、このアミロイドβの蓄積が、アルツハイマー病を引き起こす直接的な原因のひとつだったわけです。

しかしこのアミロイドβは、人によって蓄積のスピードが違います。60代、70代でアミロイドβに脳を覆われ、認知症を発症してしまう人もいれば、90代になっても綺麗な脳を保ったままの人もいます。

このような差が生まれる理由は、長い間謎に包まれていましたが、近年の世界的な研究により、アミロイドβの蓄積には日々の食事が大きな影響を与えていることがわかりました。

だから、書籍を
無料でプレゼントすることにしました

認知症予防研究協会では、認知症を取り巻く最新研究の成果と、その結果明らかになりつつある予防の方法などを、わかりやすい一冊のガイドブックにまとめました。

  • 症状を自覚し始めてからでは遅い?
    アルツハイマー病の真の原因とは?
  • 聡明な記憶力を維持し、
    脳を冴えさせるための3ステップとは?
  • 認知症の予防に毎日摂りたい
    9つの食べ物成分とは?

難しい言葉や専門用語を極力使わず、一般の方でも分かりやすい内容になっています。

この書籍を無料で受け取る方法は、認知症予防研究協会のLINEアカウントを友達追加するだけ。
後ほど届くフォームより簡単なアンケートにご記入いただくと、書籍のWEB版が無料でお読みいただけます。

あの時対策をしておけば・・・と後悔しないために、今すぐこのガイドブックを読み、正しい予防を始めてください。

価格:¥1,500円

今なら無料

LINEで友達登録するだけで
お申し込み完了!

人気書籍無料
お読みいただけます。

ステップ1

下記ボタンをタップして
表示されたQRコードをスマホのカメラで読み取る

下記ボタンをタップして
LINEマガジンに登録する

(つまらなければいつでもブロックできます)

ステップ2

LINEで届く簡単なアンケートに回答し、
書籍を受け取る。


※LINEをお持ちでない方は こちらをご確認ください。※LINEでは認知症予防に役立つ様々な情報を不定期で配信いたします。※ご不要になった場合、ブロックしていただくことで簡単に解除可能です。※弊社の有料サービスをご紹介させていただく場合がございます。

※LINEをお持ちでない方は こちらをご確認ください。※LINEでは認知症予防に役立つ様々な情報を不定期で配信いたします。※ご不要になった場合、ブロックしていただくことで簡単に解除可能です。※弊社の有料サービスをご紹介させていただく場合がございます。

目次

  • はじめに…………P2
  • ○第1章 アルツハイマー病の現実
  • 日本人の何人に1人が認知症になる?…………P9
  • 認知症と老化によるもの忘れは何が違うの?…………P11
  • アルツハイマー病はどんな風に進行する?…………P13
  • まだ若いので認知症の心配をしなくてもいいですか?…………P19
  • 認知症の家族がいない私は安心ですか?…………P21
  • ○第2章 世界最前線の研究が解き明かしたアルツハイマー病の真実
  • アルツハイマー病研究の最前線から見えたこと…………P21
  • 認知症研究の最前線、DIAN(ダイアン)国際研究…………P24
  • アルツハイマー病の原因は脳のゴミだった…………P26
  • アルツハイマー病は25年前から進行していた…………P28
  • 発症した段階でアルツハイマー病は最終段階だった…………P31
  • ・アルツハイマー病の運命を決める最高責任者”APP”…………P34
  • アミロイドβを生み出す原因① 炎症…………P37
  • アミロイドβを生み出す原因② 酸化…………P40
  • アミロイドβを生み出す原因③ 栄養不足…………P42
  • 明らかになりつつあるアルツハイマー病克服の方法…………P44
  • ○第3章 アミロイドβの原因となる食品を避ける
  • 糖とアルツハイマー病の密接な関係…………P49
  • 腸がダメージを受けると脳に炎症が起きる…………P53
  • トランス脂肪酸・飽和脂肪酸の過剰摂取を避ける…………P57
  • ○第4章 アミロイドβを排出し、炎症を鎮める
  • 脳を若返らせる「ホスファチジルセリン」…………P61
  • 最強の神経細胞保護成分「フェルラ酸」…………P65
  • アミロイドβの毒性を低下させる「アミロバン」…………P69
  • 抗酸化・血流改善成分「イチョウ葉エキス」…………P73
  • ○第5章 脳に栄養を補給し、シナプスを強化する
  • 神経細胞の栄養剤「ヘリセノン」…………P77
  • 不足すると認知症になる「ビタミンB群」…………P82
  • あらゆる脳の活動に必要「ビタミンD」…………P86
  • 認知症を予防するだけでなく、寿命も伸ばす?「レスベラトロール」…………P90
  • 青魚の成分で脳機能改善「DHA・EPA」…………P95
  • 「どれかひとつ」ではなく、「できるだけ多く」…………P98
  • 最後に…………P103

10,000名以上が購読!

完全無料、冴える毎日のための
LINEマガジンとは?

こんな情報を無料でお届けする
メールマガジンのLINE版です。

  • ・最先端を先取り! 認知症の原因・予防・治療法に関する最新知識
  • ・日常に簡単に取り入れられる、脳を健康に保つための小ワザ集
  • ・大注目の認知症予防食材を使った、おいしい健脳レシピ

認知症予防研究協会では2018年よりメールマガジンを発行しており、現在10,000名以上の読者様にご購読いただいております。「認知症予防に関する知識が深まった」「実践してみて効果を実感した」など、お喜びの声を日々いただいております。

ただ、昨今は迷惑メールが増えた影響で、正常なメールまでが読者様の元に届きにくくなっております。そこで今回、楽しみにしてくださっている読者様に確実に情報をお届けするために、メールマガジンとは別に、LINEマガジンを創刊することといたしました。

ご登録いただいた方には、認知症予防や記憶力改善に関する有益な情報を、定期的にLINEにてお届けします。もちろん、「必要ないな」と感じましたら、ブロックしていただくことで簡単に配信を停止していただくことも可能です。ご購読は完全無料ですので、ぜひ一度お試しください。

著者プロフィール

山根一彦 医学博士

認知症予防研究協会副会長

徳島大学大学院医科学教育学部卒。医学博士。生体防御・感染症代謝専門。ミトコンドリアの活性化、インフルエンザの重症化等を研究。第一三共ヘルスケア株式会社、SBIアラプロモ株式会社など、複数の大手製薬企業で商品の開発・改良に参加。知財として価値の高い複数の特許を取得。2017年、認知症予防研究協会副会長に就任。以後、認知症予防に関する講演・執筆活動を行う。著書「認知症にならない最強の食事」。

弊社有料サービスについて

*